日本映画ペンクラブ推薦映画


祖谷物語(いやものがたり)――おくのひと――

 若者たちが創った“志”の高い作品である。
 今時、35mmフィルムカメラでオールロケ
 舞台は徳島県の池田町の山奥、秘境祖谷
 圧倒的な自然とお決まりの過疎の村
 弱冠28歳の蔦監督の目はこの題材で社会派的眼差しにとどまらず、大自然と人間の営みのギリギリの汽水を描いている。
 汽水とは川の河口で真水と海水が交わりできる水で、汽水は豊潤な恵みを我々にもたらす。
 この映画のツボは将に“汽水”である。
 さて、徳島池田町〜蔦監督〜22年ぶりの甲子園出場決定のつまり高校野球を想起させるが
 この作品の蔦哲一郎監督はその“せめだるま”こと蔦文也監督のお孫さん
 それ故、哲一郎監督もこの作品でグイグイ攻めてきますよ
 その攻めを体感し、しっかり受け止めてほしい。

柳澤和三



祖谷物語―おくのひと―公式サイト



Copyright (C) 2011 日本映画ペンクラブ All Rights Reserved.