日本映画ペンクラブ

事業内容 会員一覧 リンク集 お問合せ 会員ページ




◆ 2015 釜山映画祭リポート     斎藤博昭






 10月1日〜10日に開催された、第20回釜山国際映画祭に、FIPRESCI(国際映画批評家連盟)の審査員として参加しました。
 昨年の第19回、沈没事故を起こしたセウォル号のドキュメンタリー映画の上映を巡り、映画祭側と、上映中止を求める釜山市長が対立。
 表現の自由が論議を呼び、最終的に映画祭の予算が削減されるなど波紋が広がったものの、記念すべき第20回は無事に開催されました。
 ただ、毎年参加しているジャーナリストに聞くと、イベントの規模などさまざまな点で、「20回だから特別に」という派手さは抑えられていたようです。

 今回、FIPRESCI から参加したのは、韓国、香港、エジプト、イギリス(出身はイラン)、日本の5名。
 New Currents(ニュー・カレント)という、アジア圏の監督で、長編作品が1〜2本目という若い才能の作品を集めた部門を審査しました。
 エントリーされていたのは、日本の中村拓朗監督の『西北西』を含む8本。
 『鉄西区』などで知られるワン・ビン監督を追った、韓国人監督の4時間におよぶドキュメンタリー作品など、そのどれもがテーマや表現に野心が満ちたものでした。
 8作から、われわれがほぼ満場一致で国際批評家連盟賞に選んだのは、イランの『Immortal』。
 家族の死に責任を感じる老人が何度も自殺を図るものの、唯一の身内である孫の少年に止められ、なかなか「死ねない」という物語を、イラン農村の美しい風景に、ユーモラスな描写まで含めて描き、そこに国や宗教を超えた生と死の普遍的なテーマが込められていました。
 演出なのか、偶然なのかも判別できない衝撃的映像も挿入され、強烈なインパクトを残した『Immortal』は、最高賞にあたるニュー・カレント賞も同時受賞しました。

 映画祭の会期中、最も印象に残ったのは、クロージング・セレモニーでした。各賞の表彰などが行われた後、舞台に登場したのは、イラン出身の歌手、ヘリー・ラヴ。
 代表曲「Revolution」を歌う彼女のバックに、「Peace」「No War」などの幕を掲げた韓国の若者たちが圧倒的なパフォオーマンスを繰り広げ、明らかな政治的メッセージを発信していたのです。
 クロージングにふさわしいかどうかの論議はともかく、表現の自由につながる映画祭の強い意志を伝えたのは確かです。
 こうしたパフォーマンスが、はたして東京国際映画祭で可能か…と考えると複雑な心境でした。



Copyright (C) 2011 日本映画ペンクラブ All Rights Reserved.