日本映画ペンクラブ

事業内容 会員一覧 リンク集 お問合せ 会員ページ




◆ 国際映画批評家連盟年次総会



 2016年4月3日、4日、イタリアのバーリで国際映画批評家連盟年次総会が開かれました。

  トルコ映画批評家協会SiYADからの要請により、世界各地で増加する表現の自由への侵犯に抗議を行う決議がなされ、 日本映画ペンクラブを始め、世界23か国の加盟組織代表の全会一致で、以下のような声明が発表されました。



FIPRESCI(国際映画批評家連盟)声明

The film critics and journalists representing 23 countries present at the General Assembly of FIPRESCI, the International Federation of Film Critics, stress unanimously their unconditional worldwide support for cultural, academic, cinematographic and journalistic freedom. They express their particular concern for the increasing violation of freedom of expression in Turkey.

Les critiques et journalistes de cinema representant 23 pays presents a l'Assemblee Generale de la FIPRESCI, la Federation Internationale de la Presse Cinematographique, rappellent a l'unanimite leur attachement indefectible pour la liberte culturelle, academique, cinematographique et journalistique dans le monde. Ils expriment en particulier leur inquietude a propos de la violation croissante de la liberte d'expression en Turquie.

FIPRESCI、国際映画批評家連盟総会に出席した23か国を代表する映画批評家およびジャーナリストは全会一致で、文化、教育、映画および報道の自由のために世界中で無条件に支援することを表明する。特にトルコで増加している表現の自由への侵害を憂慮するものである。


Bari/Munich, April 4, 2016
Klaus Eder

2016年4月4日
クラウス・エダー


Copyright (C) 2011 日本映画ペンクラブ All Rights Reserved.