日本映画ペンクラブ

事業内容 会員一覧 リンク集 お問合せ 会員ページ




◆ トルコの友人たちへの手紙


FIPRESCIは4月の総会の際にトルコの表現の自由を制限する動きを憂慮する声明を発表しましたが、7月20日、トルコのクーデタ未遂事件とその後の混乱を憂慮し、事務局からトルコの映画批評家にあてて、以下のような手紙が送られましたので、お知らせします。

LETTER TO OUR TURKISH FRIENDS
Zeynep Tul Akbal Sualp
President, SIYAD - Sinema Yazarlari Dernegi / Association of Movie Critics
Istanbul

Mrs. President,
Dear Tul,

It is with consternation that my colleagues and I have heard about the terrible events which have shaken your country in recent days. We hope that you and your family, that all our colleagues in SIYAD and their families have not been directly affected, as well as our colleagues at the film festivals in the country, in particular in Istanbul and Ankara.

We know that the consequences of these tragic events are not foreseeable. We hope, however, that the freedom of press and science will not be restricted, and we hope that Turkish cinema can continue to enhance the international profile it has built up so successfully in recent years.

Our thoughts are with you.

Best regards
For FIPRESCI and its Board:
Klaus Eder. General Secretary

トルコの友人たちへの手紙

トルコ映画評論家協会SIYAD Zeynep Tul Akbal Sualp会長へ

親愛なるTul,

私と私の同僚たちは、ここ数日、あなたの国を揺るがせている恐ろしい事件の数々を耳にして大変驚いています。私たちは、あなたとあなたのご家族、ならびにSIYADの同僚たちと彼らのご家族、そしてトルコ国内の映画祭、特にイスタンブールとアンカラに派遣されている私たちの同僚もたち同じく、直接的な影響を受けないよう願っています。

このような悲劇的な出来事がどのような結果を向かえるかを予見することはできません。しかしながら、私たちは表現と科学の自由が制限されないよう、そして、近年、国際的な名声を見事に築き上げたトルコ映画が引き続き発展していくよう、願っています。

心からお見舞い申し上げます。敬具。

国際映画批評家連盟事務局長 クラウス・エダー


FIPERESCI担当(文責) 齋藤敦子


Copyright (C) 2011 日本映画ペンクラブ All Rights Reserved.