日本映画ペンクラブ

事業内容 会員一覧 リンク集 お問合せ 会員ページ


★ 2016年11月に行われた日本映画ペンクラブの総会で、日本映画ペンクラブ賞、ほかの賞が決まりました。
・2016年度日本映画ペンクラブ賞
河原畑 寧氏

 1934年熊本県出身。東京大学法学部卒業後、読売新聞社に入社。1969年から映画批評を担当。以来、日本の映画界の流れや海外の映画製作状況を取材、多くの映画人へのインタビューを通して、世界の映画そのものの変化や成長を反映させるなど、広い視野に立って読者を刺激、啓発する批評を執筆してきた。新聞社を退職後は日本映画ペンクラブの会員になり、著書「映画への旅」、訳書「ビリー・ワイルダー・イン・ハリウッド」「オーソン・ウェルズを語る」などを執筆、出版。1989年からは代表幹事として会の運営に尽力した。

・2016年度功労賞
藤原 智子氏

 長年にわたるドキュメンタリー作品製作に対して。1932年生まれ。ドキュメンタリー映画作家として1950年代末から活動を開始。近年は歴史的な女性偉人たちの伝記的ドキュメンタリーを手掛け、女性映画人ならではの仕事を行っている。昨年国立博物館で開催された「鳥獣戯画」展では、その実物を撮影し、ベルガモ映画祭グランプリを獲得した「鳥獣戯画」の製作を担当。実物の撮影を勝ち取った功労者。2000年の「夢は時を越えてー津田梅子が紡いだ絆ー」はキネマ旬報文化映画部門第一位に輝く。2004年の「ベアテの贈りもの」は芸術選奨文部大臣賞を受賞。

・2016年度奨励賞
宮崎 祐治氏

 40年間にわたる映画イラスト活動に対して。1955年生まれ。武蔵野美術大学在学中から、映画のイラストを「キネマ旬報」などに投稿し、評判を呼ぶ。卒業後もTVCMの演出、「世界の車窓から」などのディレクターとして活躍するかたわら、旧・文芸座のポスター、映画本のイラスト、装丁など精力的に活動を続け、独自の世界を築きあげた。1977年「キネマ旬報・決算特別号」に掲載の「映画街路図」は、以後定番となり今年40年目を迎えた。2014年に開館した広島サロンシネマには、ロビーの天井一面に氏の映画イラストが飾られている。またライフワークとして「キネマ旬報」誌に5年にわたって連載した「東京映画地図」は、映画に登場する<東京>がどこで撮影されたものかを丹念に調査して地図化した労作。今年、キネマ旬報社から出版され、高く評価された。映画への愛を核にした40年にわたる氏の映画イラスト活動に対し、日本映画ペンクラブ奨励賞に推薦する。


・日本映画部門 2016年度ベスト5   ・外国映画部門 2016年度ベスト5   ・文化映画部門 2016年度ベスト5

第1位
  湯を沸かすほどの熱い愛

監督
  中野量太
 
第1位
  ハドソン川の奇跡
  

監督
  クリント・イーストウッド
 
第1位
  ヤクザと憲法

監督
  土方宏史
2位:この世界の片隅に   2位:スポットライト 世紀のスクープ   2位:FAKE
3位:怒り   3位:サウルの息子   3位:映画作家 黒木和男 非戦と自由への思い
4位:永い言い訳   4位:トランボ ハリウッドに最も嫌われた男   4位:ふたりの桃源郷
5位:64ーロクヨン   5位:ルーム   5位:五島のトラさん
次点:シン・ゴジラ   次点:オデッセイ
  次点:健さん

  新作おすすめ映画       幹事会会議選出
幹事会より、日本映画ペンクラブ幹事会が選出した、「おすすめ映画3選」
  ぴあフィルムフェスティバル(PFF)、日本映画ペンクラブ賞
 

★ PFF 参加取りやめのお知らせ

 過去4年間にわたり、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)アワードに、日本映画ペンクラブ賞を贈るという形で参加、新たな才能の発見を期待してきました。

 ところがこのほど、PFFの運営方針が変わったということで、参加がかなわなくなりましたのでお知らせします。

 良き映画には良き批評の目が必要、という思いを抱きつつ、別の機会があればと思っています。 

   2017.09.   (代表幹事渡辺祥子)  

         >>PFFアワード、日本映画ペンクラブ賞バックナンバー
 

 ■ PFFアワードホームページ
 

 
 ■ 『もうひとつの日本映画ペンクラブ賞』 2012年9月 渡辺祥子

         日本映画ペンクラブは映画をめぐる状況が大きく変化する中...(続きを読む)
 

  日本映画ペンクラブ トピックス

 ■ 第65回サンセバスチャン国際映画祭リポート  中山治美

 ■ 第42回トロント国際映画祭報告  小張アキコ

 ■ 第70回カンヌ国際映画祭、FIPRESCI賞リポート  齋藤敦子

 ■ 第70回カンヌ国際映画祭リポート 吉家 容子

 ■ 2016年 サン・セバスチャン国際映画祭リポート 中山治美

 ■ FIPRESCIグランプリ決定  FIPERESCI担当 齋藤敦子

 ■ トルコの友人たちへの手紙  FIPERESCI担当(文責) 齋藤敦子

 ■ 第69回(2016年)カンヌ国際映画祭 FIPRESCI賞リポート  齋藤敦子

 ■ 国際映画批評家連盟年次総会

 ■ 2015 釜山映画祭リポート     斎藤博昭

 ■ 第63回サンセバスチャン国際映画祭リポート  中山治美

 ■ 8月の例会報告 過ぐる日のやまねこ

 ■ 8月の例会報告 ジョン・ラーベ 南京のシンドラー

 ■ 第68回カンヌ国際映画祭リポート  まつかわゆま
 
>>トピックスバックナンバー
  日本映画ペンクラブ推薦映画
  メンバーズ・チョイス
>>メンバーズチョイスバックナンバー







Copyright (C) 2011 日本映画ペンクラブ All Rights Reserved.