日本映画ペンクラブ賞 受賞のかたがた


・2020年日本映画ペンクラブ賞
 ミニシアター・エイド基金
 コロナ禍の下、いちはやくクラウドファンディングを設立、約3万人の支援者と共に全国のミニシアターを援助した。その功績に対して。


・2020年日本映画ペンクラブ賞 特別功労賞
 映画字幕翻訳家 戸田奈津子さん
 1970年の「野生の少年」以来、数々の作品の字幕を担当し、映画字幕翻訳50周年を迎えた功労をたたえて。


・2020年日本映画ペンクラブ賞 特別奨励賞
 ユニークな映画本を出し続け、30周年を迎えたワイズ出版
 1990年から、石井輝男、野村芳太郎ら、職人監督の仕事を、徹底したインタビューと詳細な作品データで俯瞰する、こだわりのある映画本を出し続け、日本映画の歴史を未来に伝える貴重な資料を提供、ペンの力で映画文化を支えてきたことに対して。



2021.1.