【感染家族】



 ゾンビが犬に追いかけられて逃げ惑う。
 噛まれた人間が若返り、生き生きと元気になる。
 主人公一家がこれを利用して一攫千金を目論む。
 既存の展開を取っ払い、コメディをベースに恋愛を加味した斬新さに驚く。

 主人公一家のキャラクターも際立つ。
 ゾンビに噛まれて若返って浮れる父、妻に頭の上がらない長男、口先だけの次男、マイペースな末娘、ゾンビより怖い長男の嫁。
 そこに父を噛んだゾンビが飼い犬のような存在として加わった。
 みんな自分勝手なようで、家族の絆は意外に強い。思わすホロリとする場面も。
 話せないゾンビが振り絞るように叫ぶ言葉に胸が熱くなる。
 まさか、ゾンビ映画で感動するとは。

 注目したいのがラスト。
 これまで、ゾンビ映画を見るたびに「このあと世界はどうなるのだろう」という疑問が残っていたが、本作ではゾンビの行く末にきちんと決着をつけた。

 キャスティングが意外に豪華な点も見逃せない。
 主演は次男を演じたキム・ナムギル。
 『殺人者の記憶法』の冷徹な殺人鬼とは打って変わってコミカルな面を見せる。
 長男には『さまよう刃』のチョン・ジェヨン、兄嫁は『ソウォン/願い』のオム・ジウォン、父は『怪しい彼女』のパク・イナ、末娘に『沈黙、愛』のイ・スギョン。
 一家の前に突如現れたゾンビのチョン・ガラムは新人ながら、そのイケメンぶりに今後が楽しみである。

感染家族 公式サイト

堀木三紀

2019年07月08日